お知らせ

お知らせ

第5回中部ライフガードTEC2017に出展いたします

01.png

第5回中部ライフガードTEC2017~防災・減災・危機管理展に出展いたします。

 会期:2017年5月18日(木)~5月19日(金)
 時間:10:00~17:00
 会場:ポートメッセナゴヤ(名古屋市国際展示場)
 ブース:2号館 A4ブース(ナカシャクリエイテブ株式会社)

【展示会詳細はこちら】→http://www.lifeguardtec.com/



中部地区最大級の総合防災展「ライフガードテック2017」に下記の内容で出展いたします。


真っ赤なハザードマップにもひるまずに、今からできること

 今回は、VRや360°パノラマ映像などの映像技術とGISによりハザードを可視化する事例を中心に、 インフラ・ライフラインの減災、土木構造物長寿命化、 コスト最小化、優先度判定、労働災害対策等に役立つ内容をご提案します。 また、今話題となっているVRをリアルに体感いただくコーナーを設置します!

ぜひ当社ブースにて、貴社の課題をお聞かせください。

出展の見どころ:

  • 過去災害履歴、地形変遷などの歴史的視点
  • 南海トラフ巨大地震被害想定の正確な援用
  • オープンデータを活用した地理情報の整備
  • 最新の画像処理技術を用いた判断支援
  • 高度なノウハウの伝承を可能にする教育コンテンツ

展示内容:

  1. 災害復旧のための管理施設BCPマップ

  2.   重要な施設の復旧に必要な資材置き場、運搬方法、周辺状況を確認するためのマップ


  3. 災害対策優先度検討マップ

  4.   広範囲なインフラ被災に対し、ハザード、設備、周辺状況を多角的に把握するマップ


  5. コンクリート構造物の変状管理への画像処理技術の活用提案

  6.   360°パノラマ、ギガピクセル、フォトグラメトリで変状を把握、対策優先度を検討


  7. わがごととして再認識できる"ヒストリカルハザードマップ"

  8.   過去の災害情報と被害想定を重ね「どうなる?どうする?」を個人の目線で考えます。


  9. 身に沁みて理解できる360VR体感教育コンテンツ

  10.   ベテランのリスク回避術をどう伝えて活かすか?360VRによる体感教育コンテンツ



ぜひ奮ってご参加をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

ライフガードテックブース全景.jpg ライフガードテックエントランス.jpg