社員紹介STAFF

アーカイブコンサルティングスタッフ

S.Mさん 名古屋大学大学院 文学研究科卒(2015年度入社) 文化情報部技術課

文化財を後世に残すための大切な仕事

文化財の整理・保存業務に携わっています。地方自治体や大学などから委託を受けて文化財資料を整理し、目録を作成します。扱う資料は古文書や和本、民具など多岐にわたります。資料の清掃から始まり、資料の情報抽出、時には補修や翻刻(再出版)まで行います。地道な作業もありますが、文化財を後世に残すための大切な仕事です。

文化財を未来に残す、大きな責任とやりがい

文化財と直に接するため、文化財保存に貢献しているという思いを強く感じることができ、やりがいや楽しさにつながっています。資料には近世の古文書もありますが、明治時代から昭和戦前のもの、さらには江戸時代の和本もあります。一つひとつが貴重な文化財であり、責任は大きいですが、同時に物件を終えたときには大きな達成感があります。

いろいろなことに挑戦できる環境で、自分の可能性を広げる

ナカシャはアットホームな雰囲気で、先輩社員も気さくな方が多いです。そのため、質問や相談が遠慮なくできる環境だと思います。また、幅広い業務を行っているため、いろいろなことに挑戦できる環境でもあります。「スキルアップしたい」「自分の可能性を広げたい」と考えている方には最適な職場ではないでしょうか。

TOP