NakashaProfitSystem(NPS) 各種NPSツールの紹介

『ReCoIM(リコイム)』

(Real-time Computer Integrated Manufacturing System)


  各生産現場で発生する様々な生産情報をリアルタイムに一元管理することで、生産のムダや異常をすばやく検出・排除し、生産組織全体の効率化・平準化を図る。国内数か所と中国・南京市に点在する全生産拠点において体制・稼働の最適化を図り、品質・コスト・納期の全てにおいて顧客満足を実現するために自社開発したもの。グローバル生産体制には各生産拠点での生産状況をいち早く把握する事が必要となり、ReCoIMは無くてはならないNPSツールのひとつである。

  CIM【Computer Integrated Manufacturing】の考え方にリアルタイム性を加えたものだが、CIMとの根本的な違いは、「人の稼働による生産のため、稼働や業務進捗が常に正確に把握されなければならない」という点である。そこにNPSの三現主義による正確性、見える化の徹底が図られている。


ReCoIM(リコイム)Real-time Computer Integrated Manufacturing System


PASシステム(Production Adjustment Support System)


 生産調整支援システムのことで、個人の状況を見える化する事で仕事量や負荷度が適切なのか判断できる。チーム間や工程間での生産バランス調整を行う事で操業100%を実現し、生産効率の向上へとつながる。


PASシステム(Production Adjustment Support System)


無線アンドンシステム 

 生産性を阻害する質問や考えすぎによる作業の停滞。それらの停滞を解消するためのNPSツールとなる。質問のしやすい環境と管理者の迅速な対応が停滞解消へとなり、生産性の向上へとつながる。注意点としては質問対応者を明確にしておくことと、無線アンドンシステムが鳴ったら即時対応を基本とする。また呼ばれても質問対応者が即時対応できない場合も想定して、組織でカバーする前提で運用すること。

生産性とは、より少ないインプットからより多いアウトプットを得る時の割合で、100%以上が求められる。無駄や停滞を働きに変える事で向上を目指す。


無線アンドンシステム


PACE GEAR(ペースギア) 

 無駄な残業の元を断つというコンセプトで自社開発されたNPSツール。作業者へペース配分を示すことで作業者自身の自己管理能力を向上。生産のペース配分を作業者自身の体内時計やリズムなどの感覚で行わず、外から情報を与えることは作業者にも安心感が生まれる。またひとつひとつのペース管理が可能となれば管理者も停滞や異常を見逃さず生産性の向上へとつながる。


PACE GEAR(ペースギア)

お問い合わせ

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。
ナカシャクリエイテブ株式会社

●名古屋 TEL : 052-895-1132 FAX : 052-895-1120
〒468-8533 名古屋市天白区井の森町205  地図
NPS経営推進部

Email:メールでお問い合わせする