お知らせ

お知らせ

全社震災訓練を行いました。

当社では毎月11日を「安心・安全の日」と定め、社内報を発行するなどして普及・啓発を行っています。

そして11が重なる11月11日(今年は休日となったので13日)は、全社震災訓練として、巨大地震の発生を想定した震災訓練を全従業員参加で実施しています。

今年の訓練では、全従業員を対象とした初動対応の訓練のほか、一部の部署で業務別BCP訓練、さらに名古屋市消防局の新型起震車「ジイジョ号」に出動をお願いし、震度7の揺れを社員が体験しました。


まずは初動対応の訓練です。

初動対応の訓練では、巨大地震が発生したことを想定し、
・揺れから身を守る
・非常時持ち出し品の持ち出し
・指定避難場所への集団避難
・安否確認システムへの応答
などの初期行動を実施します。これらの訓練内容を通じて、BCPの最も基本となる「自助」の部分について、従業員の一人一人がその重要性を理解し、自分の体を動かしていざというときに備えるのが目的です。

kunren_1.jpg

今年の訓練では新たに、数名の行方不明者を想定し、点呼時に慌てず対応(安否確認の連絡)が取れるかという内容も追加しました。抜き打ちで実施したため、うまく対応できない場面もありましたが、災害では想定外の状況が常に起き得るということを各人が理解できたことと思います。

kunren_2.jpg


業務別BCP訓練も行いました。

一部の部署では、業務別BCP訓練も行っています。これは、災害発生後に早期の業務再開・復旧を目的としたものです。災害後の停電が長引いた状況を想定し、発電機や蓄電池により電源の確保をし、それを利用してIT機器(PC、複合機など)が使用できる状態にします。これにより、必要最低限の業務が行える仮復旧の段階まで到達する訓練を行います。

kunren_3.jpg

kunren_4.jpg

kunren_5.jpg

社会インフラ系のお客様とのお付き合いが多い当社にとって、社会的な復旧業務への従事は大変重要です。そうした要請に確実に応えていくためにも、BCP訓練はますます重要な位置付けになっています。


起震車「ジイジョ号」による地震の揺れ体験

この日の訓練では最後に、名古屋市消防局の新型起震車「ジイジョ号」に来社してもらい、天白消防署のご担当者から、本部周辺で起きうる災害のリスクと対策について説明を受けた後、震度7の揺れ体験をしてもらいました。

kunren_6.jpg

kunren_7.jpg

kunren_8.jpg

時間の都合で一部の従業員のみとなりましたが、1「地震の危険を知る」・2「地震を体感する」・3「地震に備える」の3段論法で、楽しみながら自助の大切さについて学ぶ機会となりました。

災害はいつ何時やってくるかわかりません。
万が一の時、会社が受けるダメージを少しでも減らし、社会の安心・安全に貢献していくためにも、社員の一人一人が災害とその対応について真剣に考える...そんな機会を今後も充実させてまいります。


お問い合わせ

ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。
ナカシャクリエイテブ株式会社

●名古屋 TEL : 052-895-1132 FAX : 052-895-1120
〒468-8533 名古屋市天白区井の森町205  地図

Email:メールでお問い合わせする