社員がゆく年始は富士山からっ!私の一押し眺望スポット

年始は富士山からっ!私の一押し眺望スポット

東海の紅葉についてまだまだ色々語りたいところですが、最近は、気温が一気に下がり、イルミネーションと年越しの時期に突入しました。

「名古屋の様々なイルミネーションをっ!」と撮りに行った時期もありましたが、残念なことでどれも地味で絵にならなかったです。近くの素敵なイルミネーションを見たい方はなばなの里か、ラグーナテンボスに足を運ぶことをお薦めします。

 

さて、今回は「新年」と言えばみんなが連想する「富士山」をテーマにし、 名古屋からでも簡単にアクセスできる「私の一押しのスポット」を紹介します。

実は私も他の「外国人」と同じく、日本に来ていた時から富士山に執着心を持ち、晴れる日はいつも「富士山を撮りたい!」と思っています。
東京にいた時はもっと便利でしたが、名古屋からは、天気さえ味方になれれば静岡辺りまで行けば、きれいな富士山が見えます。

余談ですが、私がいる今の事務所の地名「富士見町」は、昔の昔は富士山が見えたので「富士見町」と呼ばれているだそうです。さすがに赤石山脈を挟んで地理的に無理だと私は半信半疑ですが、果たしてそうですかね?

まずは、さった峠

毎年かなりの頻度で東海道線経由で上京している私は、途中の観光スポットを一生懸命探している折、さった峠(薩埵峠)という素晴らしい場所と出会いました。

この峠は東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置し、興津駅から降りて東海道に沿っていくと、整備されている遊歩道があります。そのまま、さった峠を通し、由比駅まで、昔の東海道を体感できます。

さった峠
さった峠

さった峠はカメラマンの中で有名なスポットだけではなく、東海道散策の人々の中でも人気です。
ここの景色は歌川広重の浮世絵『東海道五十三次・由比』にも登場し、今見ても、富士山も駿河湾の景色も変わらぬままですね。

唯一変わったのは東名高速ができたことです。この景色があんまりにもきれいで、今でも高速の宣伝材料などとして使われています。

さった峠

さった峠

さった峠の一番の美しい時期は冬から春まで。
富士山が雪をかぶり、空気が澄んでいて、何よりも大事なのは静岡は名古屋よりだいぶ暖かいので、道端のみかんを眺めなから太陽のぬくもりの下で歩き、冬散策にとても相応しい場所です。

さった峠
さった峠

さった峠

興津と比べ、由比のほうが宿場町の雰囲気が残されていて、歩いていると昔の東海道と錯覚させます。

さった峠
さった峠

 

静岡市の定番と穴場

名古屋寄りでしたら、静岡駅周辺もいくつか富士山を見える場所があります。

標高307mの丘陵地でにある日本平は富士山、清水港、伊豆半島、南アルプスのパノラマビューを一度楽しめます。日本一の絶景とも言えます。

日本平

日本平
日本平

残念ながら何も見えなかった時でも、隣のロープウェイに乗って、久能山東照宮に観光に行くことをお薦めします。
晴れる日も曇る日も、多分雨の日もそれぞれの醍醐味があり、「さすが徳川家!」と思うほどの財力を感じられます。

久能山東照宮
久能山東照宮

近くの三保の松原も「日本三大松原」「日本新三景」と呼ばれ、富士山が見えるだけではなく、初日の出の人気スポットでもあります。
少々アクセスが不便ですが、静鉄バスの一日乗車券を活用すれば、静岡近辺を一気に楽しむのも良い案かもしれません。

ここでちょっと穴場を紹介します。

静岡から西2駅の用宗駅にも、素晴らしい眺望スポットがあります。
特にお薦めするのは用宗海岸持舟城址です。

知っている人が少ないので、年始でも人混みにならないでしょう。電車や新幹線と一緒に撮れるのがポイントです。

用宗

用宗
用宗

 

名古屋に近い島田市

では、更に名古屋寄りで富士山が見える場所はありますか。
撮影したことがないですが、知っているところを紹介します。

お薦めしたいのは島田市の金谷駅です。徒歩30分の所に富士見展望公園という普通の公園があります。
天気が良ければ、(小さいですが)富士山が見えます。

公園の近くにふじのくに茶の都ミュージアムという施設があり、せっかく静岡県まで来たら、名産のお茶の魅力も感じましょう。

 

金谷駅の近くでも、富士山以外楽しめるいくつかの場所があります。

まずは旧東海道石畳(金谷坂)。石畳自体は長くないですが、駅にとても近くて、旧東海道の雰囲気を気軽に味わえます。

旧東海道石畳(金谷坂)

更に北西に進むと、「続日本100名城」に選ばれる諏訪原城跡という武田信玄が築城したお城もぜひ見逃さないでください。

ここでは信玄公とっておきの甲州流築城術の特徴である丸馬出や三日月堀が残っていて、武田氏・徳川氏の築城様式を勉強できる貴重な国の史跡です。

諏訪原城跡
諏訪原城跡

更に一駅先の島田駅からには、蓬莱橋という世界一長い木造の橋も人生一度わたってみたいですね。
通行料が要りますが、写真スポットとしては申し分がないです。

蓬莱橋

蓬莱橋
蓬莱橋

橋の向こうにある中條景昭像公園方向に進むと、きれいな茶畑が一望でき、静岡らしい風景が目の前に広がります。

蓬莱橋

更に、島田駅からバスで富士山静岡空港に行くと、空港の展望デッキから、飛行機と富士山が同時に映る写真も撮れるのだそうです。(私はまだ撮ったことがないですが)

国際便まで揃えている静岡空港は未だに離発着機が少なく、やはり新幹線駅ができないと、なかなか盛り上がらないでしょうね。
せっかく富士山に近い立地を有しているのに、利便性の高い空港になることを期待しています。

 

富士山を見たいと思っても、天気予報では「晴れ」だとしても見えない時が(かなり)あります。
遠い所だと、湿度などにも影響されたり、何より、晴れる日でも富士山自体が雲に覆っている時が多いです。山って結界がありますね。

 

もし、もっと近くでも富士山が綺麗に眺める場所がありましたら、ぜひ教えていただきたいです。
来年の年始もまずは富士山を狙いたいですっ!

 

▼この記事を書いたひと

001@2x.png

R&Dセンター 陸 依柳

撮影、お城、戦国、ICT、サブカルチャー...常に面白く、新しいものに惹かれるタイプです。地方の戦国イベントによく参加しています☆

 

社員がゆくの最新記事